げんぱつくん さよなら    

しろくまのデモ 

              





梅の花は

後姿も

かわいいね



雨で落ちた花を

「かぞく3人ぶんっ」

と 持ち帰り

コップに 浮かべた





* * *



2019.02.16*-







 







なんのお店じゃったんかな .










きのうの 晩のこと

早く寝たい 私と

なんやら 寝る前に まだ

したいことが あると

主張する 娘っこ


こうなると 言い含められん

待つしか … 待つしか ない

ねむい


それで 私は 悔しまぎれに

「 そーか そーかっ 」

と 言い捨てる


それから 2秒ほどして

ほーちんが ゆっくり 言う


「 え?

ソーカソーカ は

わるい言葉よねぇ

ほーちんが 言ったら

あーちゃん どう 思う?

ソーカ ソーカ 」


私「 え … ほーちんが

言うと ちょっと

かわいい … 」


ほ 「 ソーカ ソーカッ 」


律儀に ちょっと

強めに 言う


私 「 ほんとね

嫌な気持ちが するね

悪い言葉じゃね 」


ほ 「 そーじゃろ?

じゃから あーちゃんも

言わん方が ええんよ ねっ 」


私 「 うん ごめんねー 」


完敗 じゃ


いつも 私が 言う

小言のパターンが

あざやかに 返ってきた!


こないだは 私が

なんや かんや 小言を

重ねて 言いよったら

「 めんどくさいなあ もーっ! 」

と 言われた


これは 私の

1番悪い 口ぐせじゃ

嫌だーっ と 言うかわりに

面倒くさい と 言ってしまう

悪い言葉 …


ほんとうに

育てたように

子は 育つのじゃ

なんと みごとな

ブーメラン


もちろん

悪いことばかりじゃない


私が 咳き込んだとき

手のひらで 肩を

そっと たたいて 呼ぶから

ん? と 振り返ると


「 いつも あーちゃんが

やってくれるじゃろ?

ほーちんが 咳した時

それを してあげたんよ 」


と 少し 誇らしげに 言う


私 「 そんな風に

あーちゃん やるかね?」


ほ 「 うん いつも

やってくれよるよ 」


ひょっとすると

咳込んだ時に

背中を さするのと

むせた時に

ばんばん 叩くのが

ごっちゃに なって

ソフトに 肩を たたく

バージョンが 出たんじゃな


なんというか 本当に

鏡なのじゃな

ちょっと 変わって

出たりするけど










0p0 p









2019.02.03*-







 


「 幼稚園で どんど焼き したんよ

燃えよるときに 願いごと したら

願いが 叶うんよ 」


娘っこが だいじなこと

のように 話す


「 ほーちんはね お皿洗いが 上手に

できるように なりますように

って お願いしたんよ 」


へぇーーっ

そんなに 皿洗いに

あこがれちょるんかぁ

と 聴きよると


「 だって いっちゃんと あーちゃんが

疲れたときに ほーちんが

皿洗い してあげられるじゃろ? 」


と 言う

えーーっ

こどもなんじゃから もっと

自分勝手な 願いごとを

しんさいよぉ


ていうか 皿を 洗う前に

すんなり 歯を 磨いて

すんなり トイレに 行って

すんなり 布団に 入ってくれたら

すごく 助かるんじゃけどな

せめて しんどい日だけでも


いや それにしても

なんか しんどそうに

見えちょるんかな

ごめんよ

だいじな 願いごとなのに

気ぃ 使わせてから




こどもは 思うより おとなで

おとなは 思うより こどもじゃ

上と 下に じわっと 寄って

その 差は ほんとうは

なんちゅうことない

と 思う

1ミリ とか 2ミリ とか

誤差 ぐらい しかない





0p0 p


















2019.01.29*-







 


韓国のパンさんから

小包が 届く

お

済州島みやげ

みかんティーで

カフェごっこ

ええ 香り







娘が産まれて

もうすぐ5年

やっと こんな

実用的じゃない器やら

出す余裕が やっと でた


リサイクルショップで

100円以下の

こんなものを

探すのが 好きじゃった

見れば 写真の お盆も 皿も

湯呑みも 浴衣地も そうじゃ…


そろそろ

じぶんの

好きなことを

思い出そっ








「 はぁー おいしいねぇ 」

と よき 茶のみともだち







そして お菓子の

ビスコッティーは

私の 誕生日のために

いつもの パン屋さんが

卵・乳 不使用で

ケーキと 一緒に

焼いて下さったもの


娘に ケーキを

渡した あと


ちいさなリボンを

かけて 手描きの

イラスト付きで

私に 下さった


「 これは

お母さまに 。。

いつも 笑顔で

頑張って おられて

すごいなぁと

思っております 」





その日は

胸の 痛むことや

悩みで へとへと

じゃったので

ぼろぼろぼろーっ

と 涙が とびだした


「 わっ ほーさん

わたくし お母さまを

泣かせて しまいました 」

と あわてる パン屋さん


「 あーちゃん うれしくて

泣いちゃったの? 」

と ほーちん


このパン屋さんは

娘のことを よく

案じて 喜びそうな

お菓子を 焼いて

プレゼントして

下さるんじゃけと

まさか 私に 来るとは

心構えも なく

驚いてしもうた


温かい 優しい

ビスコッティーと

みかんティーの 香りに

あったまった

お茶のじかん



te







2019.01.19*-







 









去年から

大晦日の晩に 作りよる

お年玉くじ













ビーズやら 折り紙やら

ちいさな物が

1日1つ 当たる



それだけ じゃけど

たいそう たのしみに

してくれちょる



「 当たる 」

っていう感覚が

くじやら 福袋やら

ガチャガチャの

たのしさ なんよなあ













毎年 元旦には

ちょっと ビックな 当たり ↑

あとは 100均とか

駄菓子屋さんに 行った時に

良さげな ものを 見かけたら

買っておく



そうやって 半年かけて

買い集める

次は 「 七夕くじ 」

準備するのも たのしい



去年のヒットは

いちごの香りの ピンクの

スティック水のりで

今でも 大事に 使われよる



ときどき 私が かりて ふたを

開けっ放しで 作業しよると

「 かわいちゃう かわいちゃう 」

と さっと ふたを しめに来る



今回のヒットは

ネイルアートシール じゃった

赤いお花の つけ爪を つけて

遅く起きてきた 夫に

走って 見せに行った



ふだん 物欲は

あんまり ないほうで

誕生日に そなえて

「 ほーちんは なにか

ほしいものとか あるの? 」

と 聞くと

「 え? こんなに

ものが いっぱい

あるのに? 」

などと 不思議そうに 言い

こちらが 拍子抜けする



たぶん 今どきの子にしては

おもちゃは 少ない方じゃし

私は 親に 欲しいと

言えん 性格じゃったので

大好きな おもちゃが

あることも 素敵と

思うんじゃけどな



いつも なにか

廃材や ちらしや 折り紙で

工作して 遊びよる



ものに 対する

飢えみたいなものさえ

なければ

もの というより

わくわくが

大事なんかな






 










2019.01.04*-







 


春 光 楽 楽










初詣と 凧揚げの 帰り道
りんご飴 なめなめ
鼻歌まじりの 一月一日









種蒔手帖を
訪ねてくださる
みなさまへ



つたない写真と 文を
のぞきに来て下り
ありがとうこざいます



読みやすい ブログへの
引っ越しを できぬまま
年が 明けてしまいました
見にくくて
ごめんなさい 。。



書いて 残しておきたい
ちいさなことが
いっぱい あるのに
毎日 走って 転んで
時が どんどん
過ぎていきます



2019年
穏やかな 良い一年に
なりますように





 





2019.01.03*-







 






「猫の恩返し」
みたいな








路地を ぬけて








行くと








ちいさな工房
shima ceramica









娘に 貸して下さった ままごと道具

みとれるばかりの 暮らしの 小物

整えられた 清々しさ

ストーブの 火

錆びた 鉄板の 足触り



ああ 帰ったら
掃除しよう
と 思う 。。












2018.12.31*-







 







































0p0 p





2018.12.29*-







 


ロバの本屋さんへ
行くと
かしこい 犬の
ビクターが
迎えてくれる








娘に丁度良い
月光荘のカバンと
色紙スケッチブックを
買う

とても 嬉しげに
カバンを かるって

「 3人で おでかけを
することが ゆめです 」

と スケッチブックに
書きたいのだと 言う

( 字は まだ 書けず 波々を 描く )

ゆめは
かなっているとき
大人は そういう言い方を しない
いま 手の 届かないものを
想定して ゆめ と
言うことの方が 多い

けど こんな 日常の
すこし 先に ある
家族が おだやかに
笑っている 瞬間は
ゆめや 奇跡のようなこと
かもしれん













ここは
そういう ときを
くれるところ
なんじゃな

かぼす蜜湯が 美味しい












ロバの本屋

山口県 長門市 俵山

http://www.roba-books.com





0p0 p










2018.12.28*-







 







4年前の
赤ちゃん靴下を
ツリーの飾りに




ほ「いっちゃんと あーちゃんに
なにか プレゼントを あげたいんよ
絵を描いてぇ…
それからぁ…
何がほしい? 」

私「…… 歌うたって♪ 」

ほ「ちがうよ プレゼントじゃから
物なんだよ〜 2人が 欲しいような
いいものを あげたいんよ 」

私「そうかぁ〜 欲しいものかぁ〜 」

ほ「う〜〜ん … おもちゃ? !
(だんだん声が小な声で )
ほーちんの 使わなくなった
やつとか... 」


それって お下がり ?!

その後 無事に
紙工作の 靴下を もらう

プレゼントしたい気持ちやら
芽生えたんじゃなぁ 。。








2018.12.24*-







 
  1/162頁  >>




にっき top へ







 ・ たねまきてちょう ?

 ・ ちょこっとエコ

 ・ かんたんレシピ




みんなのブログポータル JUGEM