げんぱつくん さよなら    

しろくまのデモ 

              


3才児
クイズブーム


娘「 もんだい いくよ〜!
ほにゃほにゃ
(↑ 聞き取れず )
うさぎでしょーかっ? 」
私 「 はい そうです 」
娘 「 せーかいっ!
あーちゃんに
1ポイント〜 ♪ 」
私 「 やったーっ 」





食後に 海苔を
かじりながら
娘 「 のりの もんだい
だして〜 」
私 「 はい 黒くて
薄くって
四角いもの
な〜んだ? 」
私 「 のり〜〜〜っ! 」
私 「 正解!
ほーちんに
1ポイント〜 」
娘 「 やったーーっ! 」





うれしげに
すくすく
育っていく

見よると
胸が
むずむず
する
ハート










2017.06.25*-







 


娘っこは 6時に 起きるのに
ゆっくり ごはんを 食べるから
8時すぎたら 2人で ドタバタ

「 バスが 来ちゃうよ!
タイヘン タイヘン! 」

娘っこの 着替えと
私の 着替えを
同時に 進める

その途中にも 私は
「 あっ 水筒! 」 とか
「 ハンカチは?! 」 とか
忘れものを 思い出して
右往左往する

今朝は 夫も いないので
パンツで うろうろした

すると 娘っこ
「 あっ! タイヘン
あーちゃんが
わすれてる!」

部屋の隅に たたんであった
私のスボンを 手に
タタタタ 追いかけてきた

「 あーちゃん わすれもの!! 」

サッと 差し出された
ズボンを 受けとる
「 あ … ありがとう 」

す…すごい ぼけじゃと
思われちょる

パンツで うろうろするのは
やめよう
心配かけるから












2017.06.23*-







 


洞窟好きの 子
念願の 秋芳洞へ






「 これはね 、
冒険の地図を
みよるんよっ 」



じゃけど
洞窟の中では
「 だっこ〜〜〜 」
と 夫に しがみつき
「 こわい …
こわいけど
すてきっ 」
とか 言うた











1時間近く
洞窟の中を 歩いて
ヒカリノセカイへ
出る

木々のきらめき
川面のゆらぎ
あちこちに
あふれて はねる
光の まぶしさ

はぁ
セカイは
うつくしい







2017.06.12*-







 


秋芳洞へと 歩く
おみやげ屋さん通り











タイムスリップしたみたいに
私のこどもの頃から 変わらん
キュートな 品揃え











ビーズ細工の
キーホルダー
120円
お値段も 昔のまま











家にあっても
困るけど
買っちゃいたい


黒電話の横や
学習机の上に
飾りたい


はぁ 。。ハート









2017.06.08*-







 








風邪で 2回も
キャンセルに なった
小旅行、ついに!





あたらしくできた
Mine秋吉台ジオパークセンター
のカフェで
乳製品も 卵も
入っていない
ジェラートを
食べる


いつもは
アイスや ソフトを
見かけるたびに
食べたかろうなあ
と なるべく
遠まきに 歩く


堂々と 近づいて
いちご? 紫芋? 緑茶?
と 悩んで
えらぶ


窓の外に
草原を 見ながら
ジェラートを
食べる






p ス














2017.06.07*-







 


「 きのう あーちゃん
怒りすぎたね
ごめんね 」

昨夜 感情的に 怒ったのだ
そして しつこかった
朝 布団の中で 反省する

私「 こわかった? 」

娘 「 だいじょーぶ
あーちゃんの かお
だいじょーぶだったよ 」

えっ あれで
まだ 大丈夫な
範囲?

それでは
娘っこ的に
大丈夫じゃない
私の怒り顔って
いったい
どんなんじゃ

娘っこだけが
知っている
おそろしい 私

あっ 夫も
知っている
おそろしい 私

そして 外では
へらへらっ として
温和な おかあさん風に
しちょるけど

2人には
知られちょる

私より 私を
見ちょる
ひとたち

いつも すみません










2017.06.03*-







 


タンポポの きいろい花を
ガラスの 小瓶に 活けた

夜には つぼみ
朝には ひらき
何日か 花の動きを
見せてくれた

娘っこは
テーブルに
つくたびに
「 タンポポさん ねてる 」
「 タンポポさん おはよう 」
と 目を 真ん中に
寄せて 眺めた

それから しばらく
タンポポは
枯れたような姿で
じっと 休んだ

ある日 しろい綿毛を
見えない 速さで
しずかに ひろげ
ふんわり なった

「 かわいー
かわいく
ゆっくり
ひらいたーっ

あれは ゆきの
おはなだねっ 」

ずっと 1輪を
見続けると
感動が ある

食卓の上の
タンポポショー





0p0 p















2017.05.31*-







 


わたしも コウモリに なりたいなっ
いっしょに ぶらさがって ねたい
コウモリ傘が いいなー ハート






コウモリが ちょこっと
出てくる 絵本を
読んだ晩に
ふとんの中で









2017.05.25*-







 


娘っこに
お姉ちゃんが
できた

年長さんと 年少さんが
1年間 ペアを 組んで
園生活の いろんな場面で
一緒に 行動する

娘の お世話係には
きいちゃん(仮)という
女の子が なってくれた

きいちゃんとは
プレ幼稚園の時に 知り合って
ペアに 決まる前から
ほーちゃん ほーちゃん
と 声を かけてくれよった


毎日 朝と 帰りに
年長さんが 年少クラスに
降りて来て
ペアの子の 着替えを
手伝ってくれる

ペアが 発表された日に
迎えに 行くと
年少クラスの 下駄箱に
かいがいしく 働く
きいちゃんが いた

娘っこの上履きを ぬがせ
下駄箱に しまい
娘っこの長靴を 出して
片足ずつ 履かせていく
てきぱき てきぱき
赤ちゃんの お世話を する
お母さんのように

かたや 娘っこは
座ったまま
片足 上げて
履かされるのを
待っちょる

これ これ
自分も やらんにゃあ
でーんと 座って
愛想も ないし…

私が あわてて お礼を 言う
しばらく 家でも
「 ほーちん きいちゃんが
お世話してくれたらね
ありがとうって ゆうてね 」
と 言いきかせる


行事のときにも
ペアで 動く

月に1度の 誕生会が あった日
帰ってきた 娘っこに
なにを したのか 聞いてみた

「 きいちゃんと パン たべたよ
それからねえ
きいちゃんと ゼリー たべたんよ
みかんのゼリー
あとは
きいちゃんと おかし たべた
てんとうむしの
まるい おかし 」

誕生会のごはんを
並んで 食べたのらしい
メニューに 負けんぐらい
きいちゃんの 存在感が
強めに 出てくるのは
手とり足とり お世話を
してくれたからじゃろう

ひとつ ひとつ
袋を あけて
食べ方まで
教えてくれる姿が
目に 浮かぶようじゃ


通園バスも
きいちゃんと 一緒で
並んで 座って
手遊びを してくれたり
帰りに 娘っこが
疲れて 寝れば
肩を かしてくれるらしい

家の前に 着いて
私が 迎えに 出ると
「 ほーちゃん 起きて 」
と 優しく 起こし
娘のカバンを
私に 渡してくれる


娘っこも すっかり
きいちゃんに なついてきた
小さな お手紙を もらったと
大事そうに 持ち帰ったり
きいちゃんに 教わった歌を
うれしそうに 歌ったり
家でも
きいちゃん きいちゃん
言うちょる


こないだは 帰ってきて
こんな話を してくれた

「 ようちえんに ちゃいろの
とりさんが おったんよ
きの うえのほうに おったんよ
ほーちんが
とり みーっけ!
って ゆうたら
きいちゃんが
ほんとだねっ
て ゆうたんよ 」

その 「 ほんとだねっ 」を
それは やさしゅうに 言うた

もう 見えるようじゃ
きいちゃんが
少し 膝を 曲げて
あたたかく 微笑む姿が
見える 見える


先生の話によると
きいちゃんは
「 ほーちゃんは
なにを しても
かわいいね 」
と 娘っこの
少し個性的な 言動も
好意的に 見守って
くれよるそうじゃ


きいちゃんを 見ちょると
ひとの神秘に 感動する

この世に 出てきて
たったの 5年で
こんなにも
ちいさい人を 慈しむような
心が 育まれちょるとは

ひとって ずいぶん
ええもんじゃなって
思えてくる


きいちゃん様
te p

今夜も きいちゃん様に
足を 向けては 眠れない













2017.05.20*-







 


年少組の 慣らし保育が 終わり
朝 園バスに 乗ったら
7時間後に バスで
帰ってくるように なった

夫の仕事が 休みの日
ふたりで 朝の身支度を させて
ばたばたと 見送った

急に しーんと
静かになって
2人で 息を つく

ほっ 。。

「 『孫は、来て良し、帰って良し。 』
って 言うらしいけど
ほーちんも
行って良し
帰って来て良し
じゃね 」
と笑う

ゆっくり お茶を 飲み
たまった 録画番組を 観て
あーだこーだ しゃべる
お昼ごはんも よく噛んで
味わって 食べる

こういう時間は
本当に 3年ぶりじゃ
私らは こんな風に
過ごしよったよなあ

じゃけども
ごはんを 食べ終わり
「 ほーちん げんきに
やりよるじゃろうか 」
とか 言いながら
スマホの 写真を 見る

「 赤ちゃんの頃のが
なつかしい 」とか
「 この写真は 本当に
よう撮れちょる 」とか
言いながら
互いの スマホを
見せ合う

「 会いたいねー 」
「 会いたいねー 」
と 言いながら
それぞれ 夢中で
娘の写真を 見よる

いやいや 息抜きを!
息つく間もない 育児の
息抜きを しなさいな

3年前に やってきた
新入りは ズドンと
私達の 真ん中に
刺さったもんじゃ













2017.05.14*-







 
  1/152頁  >>




にっき top へ







 ・ たねまきてちょう ?

 ・ ちょこっとエコ

 ・ かんたんレシピ




みんなのブログポータル JUGEM