げんぱつくん さよなら    

しろくまのデモ 

              


1月ごろのこと
幼稚園用の 座布団を
縫うたとき

いちご模様の
小さな 座布団を
娘っこは 喜んで
「 ざぶとん どーやって つかうの? 」
と 聞いてきた

「 もうすぐ 3歳になったら
幼稚園に 行くじゃん? 」
「 うん 」
「 そしたら 幼稚園に
ほーちんの 椅子が
もらえるんよ
その椅子に つけるんよ 」
「 椅子が もらえるの?
へぇー そうなんだー
ふしぎだなー 」

たくさんの 入園グッズに
囲まれて わくわくしながらも
実際 どんなことに なるんか
想像も つかん 様子じゃった

はじめて 親元を はなれて
ひとりで 集団の中に
入っていくんじゃもの
それは それは
大仕事じゃろう

娘っこは 入園まえから
服のそでを ときどき
噛むように なった

そして 入園すると
本格的に はむはむと
噛みだした

こいぬが ボールと
じゃれるように
はむはむ はむはむ

朝 支度が すんで
「 幼稚園に 行くよ 」
と 声を かけると
はむはむ はむはむ

駐車場から 歩いて
幼稚園の門が 見えると
はむはむ はむはむ

緊張感と がんばりの
バロメーターのようじゃった

幼稚園に おる間も
はむはむ しよるらしく
スモックの 袖が
つばで 濡れて
手首が かぶれだした


袖を 噛むのは
指しゃぶりと 同じで
寂しさや 不安や いらだちやら
感じよるとき 無意識的に
自分で 自分を 安心させようと
するのらしい

先生たちも お母さんたちも
「 ほーちゃん がんばっちょるんよね 」
と はむはむを 温かく 見守ってくれた

それから 幼稚園で
1度 不安に なって
泣いたらしい

でも 朝は 泣くことなく
「 ようちえん いかん 」
って 言うた日も
みかんの グミを
1粒 あげると
「 いくっ! 」
と 家を 出た

3時に 迎えに行くと
「 まだ あそぶー! 」
と 園庭で ほかの子たちが
ほとんど 帰ってしまうまで
残って 遊んだ

それくらい 魅力もある ところで
それくらい しんどくもある とこ
なんじゃろう

「 ふしぎだなー 」 と
想像を めぐらした
大きな変化を
小さな からだで
くぐってきたんじゃな

袖を 噛むのが
すこし 減ってきた頃
春休みに 入った

家の中でも
「 てを つないで 」
と 私のあとを
ついてくることが
増えた 娘っこと
いっぱい 遊ぼう

そう 思っちょったら
娘っこは 咳を 始め
鼻を 垂らして
風邪ひいた

毎日 がんばって
気を 張っちょったんが
休みに 入って ほっと
気が 抜けたんじゃな

ひとやすみ
ひとやすみ


ひだりあしあし












2017.03.28*-
  << >>







 




2017.04.25*-







 




にっき top へ







 ・ たねまきてちょう ?

 ・ ちょこっとエコ

 ・ かんたんレシピ




みんなのブログポータル JUGEM