げんぱつくん さよなら    

しろくまのデモ 

              


5月に 俵山温泉へ

行ったときのこと







子「 いっちゃん! つかれたー。 」








子 「 いっちゃーん。」








父 「 よーいっ どん! 」








タッ タッ
タッ
タッタッタ









子 「 いっちゃんって
ほーちん だらけよねっ。
言うことやら。 」

私と 2人の時に
ふと 言うた

ええねぇ
愛情を たらふく
もらって 育っておくれ










2018.07.06*-







 


父と子の 会えん日が 続いた

朝は 5時前に 出勤
夜は 21時すぎて 帰宅

「 いっちゃん いつ
帰ってくるかなー 」

待ちわびた 娘っこ
やっと 休みの日に 会えて
嬉しくて 嬉しくて
仕方がない

「 ねー ねー! いっちゃん!
きのうねー コスモスに 行って
いっちゃんの
誕生日プレゼントを
買ったの ♪

あそこの 引き出しに
隠してあるんよ〜

誕生日が きたら
出して あげるからねっ 」

え〜〜っ
内緒って 言ったのに〜〜

ちなみに
ドラックストアで
買った プレゼントは
超高級男性用シャンプー
会社のお風呂で 人にかりたら
すごく すっきりしたらしい
けど 高くて 遠慮して
いっちゃんが ふだん
買えずにいるもの

娘っこは はしゃぎながら
夫と 朝ごはんを 食べ
食後に 夫は 買い物に
出かけた

その間に 誕生日の
お手紙を 書こうと
一所懸命に やってたら
車が 帰って来た

「 あっ いっちゃんだ! 」

血相かいて
引き出しに
隠しに 行く

それから たたたーっ と
玄関に 走った

「 いっちゃーんっ
今 いっちゃんに
誕生日の お手紙
書いたんよーっ 」

え〜〜〜〜っ
言うの 早っ!!

お祝いするのが
嬉しくて たまらん
その気持ちが
何よりの お祝いじゃ…








2018.06.28*-







 


あじさい を
見に でかける



車の窓から
町のあじさいを
「 ここにもっ!
こっちにも! 」
と 数えて 喜ぶ




あじさいの咲く森







ほ 「 わぁーーっ
ほーちん
あふれちゃうわ〜! 」




私 「 ん? 気持ちが
あふれるってこと? 」




ほ 「 うん そう
あふれちゃうー! 」










0p0 p






2年前
おなじ場所で


このときは
自己主張の乱れ撃ちで
いやいやいやいや 暴れて
お出かけも ごはんも
おおごとじゃったなあ


偶然 今回と
おなじ服
着ちょる


去年 小さくなった
オーバーオールの
胸上を 切って
ズボンにした








そして
3年前












これも ちいさな指が
お花を 差しちょる
「 あっ! あっ! 」
って 声が 聞こえてくる


ぶかぶかの
黒いズボンは いま
ひざ丈で
ちょうど 良い









まだ 帰らんって
ごねる
1歳のほーちん








からだは
別人のように
おおきくなって
表現の仕方も
変わってきたけど
中身は おんなじ
感激屋さんじゃな














2018.06.18*-







 








里山のほたる祭
とても かわいい



いつもは 7時半に
寝る 娘っ子

うどんを 食べて
わたがし 食べて
ヨーヨー 釣って
舞台の だしものに 拍手して
やっと 暗くなり
蛍が 光り始めるころ
「 つかれた … かえりたい 」

いやいや これからが 本番
と なんとか
川沿いの小道へ 誘う

初めての蛍に
ヒャーヒャー
興奮しながらも
父ちゃんの肩で
うとうとする

車に 乗せると
「 蛍の体が 見れんかった …
どうなってるんだろう?
蛍 朝は 何してるんだろ?
ほーちん 話したいことが
いっぱいあるんよぅ… 」
と 言いながら
目を 閉じた









2018.06.17*-







 


ドラえもんを
好きになった娘に
はじめての
どら焼き







「 うまっ!
なんぼーでも
食べられるねっ 」

と 大喜び


「 ドラえもんと
しずかちゃんが
食べに来るね

のび太くんも
来るね

しずかちゃんは
かわいいお皿が
好きだから
かわいいのに
のせてねっ 」


空想も 忘れない







ちびどらレシピ
( 卵・乳・小麦不使用 )


米粉ホットケーキミックス 200g
豆乳 200cc
みりん 大さじ1
醤油 小さじ1
蜂蜜 大さじ1
ココナッツオイル 大さじ1
あんこ + すりごま



1. たこ焼き器に 生地を
深さ 1/3ほど 注ぎ
弱火で 焼く

2. 反対側の面は フライパンの
中火 → 余熱で
ほんのり 2分



たこ焼き器で 焼くと
生地が ゆるくても
流れていかんから
カンタンに
しっとり 焼ける


あんこに
すりゴマを 混ぜるだけの
胡麻あんも 美味しい


3人で バクバク
平らげる









2018.06.05*-







 








庭の すみっこに
顔をだした ミゾツルソバ


それを みつけた 娘っこ
「みて!みて!
コンペイトウの
お花が 咲いたよー!」


おおっ
コンペイトウみたいで
かわいいなって 思って
植えたんよ


「 いっぱい 咲いたら
おままごとの
コンペイトウに
使っても ええ? 」


そんな話をしよったら
こんな( 上の写真 )
お便りが 来て
また 嬉しい

ミゾツルソバのとこに
ちょんと 描かれた
ハートと 顔が
愛らしい


かわいいねっ とか
おいしいねっ とか
気持ちを
分かちあえると
心が ぬくもるな


それは
かなしいね とか
せつないね とかでも
同じじゃな










2018.06.02*-







 


私 「 かゆい… 」
娘 「 そこが かゆいん? 」
私 「 うん 」
ボリボリ( 掻く )
娘 「 かくけ〜〜!
かいちゃだめだよー 」




また べつの日
私が 指の さかむけを
取りよったら
娘 「 それ とっちゃだめだよ 」




車で くねくねした
山道を 私が 運転中

私 「 あ〜〜 こわいよ〜〜 」
夫 「 えらい 道が わるいね 」

娘 「 ほーちんが プリキュアバックを
持ってきてるから 大丈夫よ 」

そのあとも 私が カーブで
「 あ〜〜 」とか 言う度
落ち着いた声で
同じように 言う

プリキュアバック とは
100円ぐらいの ガムの箱
パッケージの 紙箱に
紐が ついて
ハンドバック型に
なっちょる

前に スーパーで
欲しそうにしてたから
買ってあげたら 喜んで
食べずに 置いちょった

もう 食べたら? と
ドライブの おやつに
持ってきたもの

あの ちゃちで 華やかな
紙のバックには
お守り的な 威力が
あるのか?!

自信満々に 言うから
何が もっともなことか
分からんようになる

ちなみに プリキュアは
特に 好きではなく
ドラえもんの方が
好きらしい



よく 分かっているような
空想と 現実が
溶け合っているような
4歳 3ヶ月





 









2018.05.31*-







 


あかりを 消した
ふかふかの
寝床にて


私 「 ほーちんが
いっちゃんと
あーちゃんの とこに
きてくれて
本当に うれしいよ
ありがとうね 」


ほ 「 どーいたしましてっ
いっちゃんと
あーちゃんがいて
うれしかったよっ 」


わっ そんなことを
言うてくれるんじゃ


暗がりで そっと
動揺する






 







娘っこに 胎内記憶は
ないみたい


でも このごろ
赤ちゃんの頃のことや
どこから 来たのか
知りたがる


枝豆を 食べながらの 会話

ほ 「 ほーちん 赤ちゃんのとき
お豆みたいに 小さかった? 」


私 「 そうじゃね
おなかに おるとき
お豆ぐらい
じゃったんよ 」


ほ 「 えーっ
こーーんなに
大きくなったねーっ 」


ほんとにねえ
大きくなったなあ


手足が しゅーっと 伸びて
からだのバランスが
変わってきた
日に日に しっかりしてくるし
顔つきも お姉さんっぽく
なってきた


それでも 笑った顔は
赤ちゃんのころのままで
なつかしくなる








2018.05.25*-







 


幼稚園の 小運動会を
夫と 見に行ってきた

さあ 入場行進

娘っこの
行進が
変なのじゃ

年中で 1番小さいから
担任の先生に 続いて
先頭を 行くんじゃけど
とびぬけて 元気一杯で
きわだって 様子が おかしい

手を 大きく 大きく 振って
膝は 曲げずに 高く 上げる
大の字になった 手足が
ぶわんぶわん 揺れるから
遠心力に 負けて
お尻が ふわんふわん 揺れる
バランスを とろうと
左手を 綱渡りのように
横に 伸ばす
そしたら もう
手と足の リズムは
ばらばらに ずれちゃって
むちゃ くちゃ なんじゃ

ただ 足だけは
音楽に 合わせて
大股で 進むから
頑張っちょる感が でる

その後を 手足のスラっとした
みんなが 力をぬいて
だらっと 歩いてくる

秋の運動会と 違って
ギャラリーも 少ないし
さらっと 歩く感じの
入場行進なのじゃ

先頭にいて みんなの様子が
見えていないから
1人だけ 張り切っちょるのと
手足が 短いのと
私ゆずりの 運動オンチで
あんなことに
なるんじゃろう

他のお母さんに
「 ほーちゃんの行進
たまらんね! 」
と 言われる

本人には
「 げんきよくて
格好良かったよ! 」
と 言ってくれてじゃから
嬉しそうに 得意げに
しちょる

秋の運動会でも
また 張り切って
歩くじゃろう

夫が 携帯で 撮ってくれた
行進の動画を 観ると
何度でも 笑ってしまう
それから なぜか
泣けてくる

こんなふうに
一所懸命 歩くために
生まれてきたんじゃな

手を 振って 足を 上げ
ふらつきながら
歩いているだけで
ひとは もう
生まれてきた 意味が
あるんじゃな

という よう 分からん
感慨と 確信が
こみあげてくる








徒競走は いつも通り
ぶっちぎりの 最下位

障害物競走では
ハイハイで
脅威の速さを みせ
生まれて 初めての
1位じゃった
( 2人中の…1位 )

それでも あの
ほーちんが 速かった!
というので また
周りのお母さん達が
わぁー! っと ざわめいて
私に 視線を くれた






ご褒美に 先生お手製の
紙のメダルを
嬉しそうに さげて
帰ってきた







2018.05.16*-







 







はじめて 電車に 乗る

もう ドキドキで
手を つないで
電車を 待つ

私が ふらふら
写真を 撮りよると
「 あーちゃん おいで
早くせんと
電車 行っちゃうよ 」
いや まだ
来てもないけん

電車は 連休の
行楽らしい お客さんで
にぎわっちょった

2人で 並んで
座れる席が なく
娘っこを 4人がけの席に
座らせてもらい
私は 横の通路に
しゃがんだ

「 あーちゃんが 落ちんように
持っちょっちゃげる 」
両手で むにゅっと
私の腕を つかむ

「 いま 暗くなったのは 何? 」
トンネルよ
「 夜が 来たね! 」

「 ここも 駅?
電車って
走ったり 止まったり
するんだね
車と 一緒じゃね 」

向かいの 小学生が
水筒のお茶を 飲むと
「 ほーちんも! 」
と 水筒を 抱えて
神妙に 飲む

30分ほどで 降りて
車で 並走していた 夫と
合流する

それから
橋を 渡って
周防大島へ







日本一 小さな
なぎさ水族館へ

小さな 事務所のような
建屋じゃけど
タッチングプールが あって
珍しいえびの 赤ちゃんが いたり
世界で 初めて
ニホンアワサンゴの
繁殖に 成功したりと
熱のある 水族館

写真を 撮り忘れたけど
ウミウシが すばらしい!!

黒い 大きな ナメクジ
みたいな ルックスじゃけど
魅惑の 触り心地
なめらか ぷにゅぷにゅ!
えもいわれん
強いて言うなら
こんにゃくゼリーで 作った
羽毛布団のように
つるっふわっ

もう なんぼでも
触っちょりたい

しかも 卵が まるで
ラーメンの麺
1玉 間違って
水槽に 落ちたみたい

ウミウシ
すごい

けど 怖がりの
娘っこは 触らん

もったいない

ようやっと ワカメを
指先で ちょんとして
ヒトデを ちょん
最後に やっと
ナマコを ちょん

それでも ナマコが
気に入ったようで
あれから 自分のことを
「 ナマコちゃんよ 」
と 言うて 遊びよる



↓ かわいかった子










にらめっこして
遊びよったんじゃけど
携帯を 向けて
写真を 撮りよったら
すっごい 怒って
小石を 蹴って
巣に 潜って
行っちゃった

私が そうやって
ニラミアマダイと
遊びよったら
隣の部屋から
娘っこが
駆け戻ってきた

「 あーちゃん!
タイヘン タイヘン!!
大変なことが
起こっちゃった!
はやく 来て
こっちー! 」

ついて行くと
部屋の真ん中に
畳ぐらいの水槽が あり
大きな魚が 泳いじょった

娘っこは 両手を
ほっぺに 当てて
口を わーっと 開け
目を むいちょる

驚いたら 人って
本当に こんな顔に
なるんじゃな

通りがかった 飼育員さんが
「 なにが あったの?? 」
と 聞かれたけど
娘っこは ただただ
アゴが あずれそうに
驚いちょって
交信不可能

なんでかな?
部屋の真ん中に
魚が 飛び出してきたように
見えたんかな
魚が 大きくて
びっくりしたんかな











こんなに
いろんなことが
あった日に
何が 1番
楽しかったか
聞いてみたら
じっくり 考えて
「 カフェ 」
と 言うた

お寺カフェで
しずかに 煎茶を 飲んで
和三盆と おはぎを
食べたのが
美味しかったらしい

帰りには 温泉で
水風呂の 気持ち良さに
目覚める

一緒に 楽しめることが
ぐっと 増えたなぁ





さあ 4歳の
夏が 始まる







くるま p0










2018.05.05*-







 
<<  2/160頁  >>




にっき top へ







 ・ たねまきてちょう ?

 ・ ちょこっとエコ

 ・ かんたんレシピ




みんなのブログポータル JUGEM